FC2ブログ
プロフィール

タマコ

Author:タマコ
※おもに関節球体人形を扱ったブログになります。グラスアイやドールが苦手な方はご遠慮ください。
※写真無断転写禁止させていただきます。
写真が多いので表示に数秒かかることがあります。

多趣味なため最近はドール以外の日記も多くなってます。

拍手のお返事は拍手していただいた日時の記事の場所にコメントとお名前がある場合にお返事させていただきます。


管理人が腐女子につき最近ニトロキラルゲーやらオトメゲームなどのネタバレ内容の記事が多くなりつつありますので苦手な方は閲覧ご注意ください。

※最近のマイブームで自分の所有ドールにキャラドールの服を作ってコスプレさせるのが趣味になりつつあるのでキャラドールに嫌悪感をお持ちの方はひき帰されるか閲覧は自己責任かつ十分にご注意ください。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    逢魔が時 怪談ロマンス 

    2012/12/03 00:00/Mon | ゲーム | CM(0) | TB(-)
    逢魔が時(怪談ロマンス)のゲームしました。
    逢魔時~怪談ロマンス~(通常版)逢魔時~怪談ロマンス~(通常版)
    (2012/03/29)
    Sony PSP

    商品詳細を見る

    このゲーム発売されてからなかなか値段が下がらなかったのでちょっとだけ下がってから購入。
    歌プリを勧めてくださったDさんのおすすめ、ゲームでしたが、Dさん私の好みめっちゃわかってらっしゃる!!モロハマりました。
    そもそもダークファンタジーで妖怪大好きなので妖怪ってだけで興味が惹かれます
    続編が2013年1月に出る黄昏時もすぐ予約しました。
    黄昏時 ~怪談ロマンス~ (豪華版:特製冊子 &豪華版ドラマCD同梱) 予約特典ドラマCD付き黄昏時 ~怪談ロマンス~ (豪華版:特製冊子 &豪華版ドラマCD同梱) 予約特典ドラマCD付き
    (2013/01/31)
    Sony PSP

    商品詳細を見る

    和風妖怪ファンタジーってことで結構乙女ゲーの分野だと異色ですよね。
    以下長くなるのでたたみます。

    このゲームは好き嫌いはっきり分かれますね。
    っていつも好き嫌いはっきり分かれるゲームばっかりやってますが。。。
    何より、主人公♀がジャイアンタイプ?美少女だけどいたずらとガキ大将で喧嘩が大好きで
    天邪鬼な性格で意地が悪い。。。(^^;汗
    乙女ゲームにはいないタイプの個性がバッチリあるタイプです。こんなガキ大将ジャイアンなのに、いじめられていた設定はちょっと無理がありだと思った。。。いたずら大好きで意地悪なところはあるけど一本気な性格で嫌いではないかも。

    ゲームをしていくとそれぞれの攻略キャラにものすごく惹かれますね。
    シナリオの持って行き方がうまいのか?
    はじめはこのキャラなんか苦手で攻略したくないな。。って思ったらやってみたら見事にハマる。
    キャラ萌えできる!すげぇ。。。
    乙女ゲームってあんまりキャラ萌えできないし、小さい頃から姉の影響をうけ少女漫画とともに成長したもんで、乙女ゲームは少女漫画読んでる感覚なんですが、逢魔が時は乙女ゲームなんだけどちょっとほかの乙女ゲームと違うです。何が違うかってこれはやってみて欲しいです。

    すべての攻略キャラをクリア後に開かれる真相エンド。。。どれもバットエンドより悲しいんでないか?って思うストーリーですね。

    ネタバレなので文字反転。
    主人公は昔から霊感が人一倍強く、(夏目友人帳の夏目状態)見たくなくても妖が見えてしまう特異体質の持ち主.妖が見えてしまう事は実の家族にも理解されず、周りから奇異の目や同級生からいじめられて育つ。そんな中人間そっくりの妖(死神と磯男のハーフ?)式部密と出会う。
    人間なのに妖が見え、死神の血を引く密を見ても全く怖がらない、なおかつ物怖じせず文句を言えるもんだから密かに気に入られてしまう。密と初めて出会ったのが主人公が小学生からの付き合いで、主人公が外見年齢17歳の高校生になるまで腐れ縁は続く。
    美しく成長した主人公に密は恋心を募らせ、手に入れたいがために妖の世界に連れ去ろうと計画を立て、主人公が高校2年に事件は起こる。
    主人公を虐めてきた同級生含め、そんな目に合わせて助けなかった主人公の家族もすべて惨たらしく虐殺。


    辛い過去や家族すべての記憶をなくして、自分は磯姫の妖として物語はスタート。

    密真相エンドと京極真相エンドはどちらも悲しいですね。
    今までずっと仲良しこよしでいつも近くにいる密。
    萌黄の助言で過去を一家殺害事件を思い出す。
    主人公と念願かなって恋人にまでなったのに密が主人公の家族を虐殺して、尚且つ人間には絶対に戻れないように仕向けた記憶を主人公がすべて思い出す。
    主人公は怒り狂って密を殺そうとするけど、密は生きることに未練はなく、死にたがりの密を主人公は今殺しても意味がないから、自分に執着を持ってるんだから、このまま密を幸福にするだけしてそのあと、家族を殺された復讐を遂げたあと自分が自殺してやる。。。って感じで終わってます。。。

    京極エンドは
    主人公と同じく、密に神隠しとして妖怪の世界に誘拐された不幸な人。
    密に昔話した主人公の理想のタイプが京極だったので人間の世界から主人公の婿として向かい入れられた人物。
    好きな人間が妖の世界にいれば、人間の世界に帰りたいと主人公は思わないだろうって密が京極を神隠しに合わせた。
    主人公とは違って京極にはまだ人間世界に血縁者がいるので、妖から人間に戻ることが可能なために、主人公が京極は人間として生きて欲しいと思い京極の意見を聞かずに最後は勝手に京極を人間に戻すのですが、人間に戻った京極はすっかり霊感はなく恋仲であった主人公を見つけることができず、夕暮れの屋上で京極が主人公の名前を呼びながら探している姿は。。。ちょっと涙ものでした。


    式部密ルート
    (死神&磯男)いつも笑顔でニコニコと死神なのですぐ人間を殺します。気まぐれでいろんな人を呪ってます。
    式部の病み具合と内に秘めるたちの悪さや最悪で凶悪具合がたっぷり出てるけど、このキャラ結構ハマります。
    主人公がどの人物とくっつこうがお構いなしで主人公にだけは甘く、主人公の周りに常にいます。
    中の人の演技もうまいけど、惹かれるキャラですね。
    日比谷京極ルート
    (元人間??)式部と対極な感じになってますね。
    何より日比谷ルートは結構笑いが絶えません。よく妖怪に京極が頭を齧られてる姿が笑えます。
    人間世界にいる弟を心配してやまない苦労性。

    由良条閨悟ルート
    (山犬)犬なので、純心です。
    主人公に気まぐれで命を助けられて以来なついているので優しい気持ちになれるルート?
    大家族ファミリー物語?ものすごく心が癒されるルートです。

    和泉 零次ルート
    (妖狐)由良条とは幼馴染で性格が正反対で馬があうらしい。
    妖狐なので油揚げが大好物でルートによっては主人公にお稲荷さんで餌付けされてます。
    生意気な下級生キャラですが、このキャラもどっぷりキャラ萌えさせてくれます。

    遠野篤郎ルート
    (鬼)硬派な不良で心優しき動物好きで女と子供には優しい。主人公とは喧嘩仲間で趣味仲間だったのだけど、主人公を好きになってしまうと、猪のごとく主人公への猛烈アピールやアタック具合がすごいです。よっぽど嫌いな人でもない限りあそこまで猛烈にアタックされたら、落ない人間はいないだろうってくらい熱烈。。。一歩間違えばストーカー??

    飛浦萌黄ルート
    (天狗)明確なルートはないのですが。。。容量の関係でシナリオ削られたっぽい??主人公の過去を知る人物。
    性格が悪く腹黒いので主人公は振り回されっぱなしで最後には他のキャラからの略奪愛系に流れる。。。(汗)

    梨畑和歌子ルート
    (ろくろっ首)
    明確なルートっぽいのはないんですけど、萌黄同様。他ルートからたどる。。。
    なんだか百合っぽい感じに終わってます。主人公でさえ新たなる道を開拓。。。ってなってますが、
    百合っぽいけど主人公と和歌子のやりとりは漫才系で微笑ましい感じでです。

    攻略キャラによってはダークですが、基本はほのぼのドタバタラブコメに近い感じで物語が楽しめます。
    何より最近は草食男子が流行る中、このゲームはみんな肉食系男子???恋愛に積極的な妖怪だらけ??
    積極的に主人公に好意を示し?主人公争奪戦をくりひろげてますね。
    主人公が乙女ゲームにあるまじき恋愛にはかなり冷め気味女子なので、冷静に周りを分析してる姿は笑えます。
    なものでほかのゲームとはちょっと違った乙女ゲームを探している方にオススメです。




    Comments

    Add Comment















    ≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
    Copyright © *CLOVER* All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog